キャッシングの仕組みについて運用資金

現在、多くのキャッシング会社がありますが、その仕組みとはどうなっているのでしょうか。

特に消費者金融業者のキャッシングは、金利が高くなっているのも不思議だと感じる方も多いはずです。
実は、消費者金融業者の場合、大手だと自己資金だけで運用していることもありますが、あまり運用資金がない業者は、銀行などの資金先がバックについていることが多いです。

銀行系がそのまま、カードローンを行っている場合はコストがかからないので、金利も安くなってきます。
しかし、銀行をバックにカードローンを行っているところは、その分コストがかかってくるので金利も高くなってきます。
これには、バックについている銀行から借りたお金を基に、消費者にお金を貸すためです。

そのため、通常の銀行系のローンなども間に挟む必要がないため、金利も安くなるわけです。
カードローン会社は、金利などの手数料を運用資金にしているので、コストがかかってくればその分を金利に上乗せすることになります。

コメントは受け付けていません。