銀行系カードローンは裁量規制の対象にならない

返済不可能になるほどの借入金を作ってしまい、破産させてしまう人が続発した事で、国の法律により高い金利の借り入れに関しては、年収の三分の一以内の貸付に制限するよう定められている為、高金利になりがちな消費者金融などのカードローンの場合には、裁量規制がひかれていますが、金利の低い銀行系カードローンの場合には、金融機関が個人情報を調べた上で判断した金額まで貸付を行うことが出来るというシステムになっている為、仮に現在高金利で借入が既にある方の場合にでも、お金を借入れることが出来るのです。

その為、銀行系カードローンの中には、複数の債務を一つに合算させて借り直しが出来るおまとめローンなどもあり、月々の返済額が高く生活を圧迫されているような方には、とても助かるものです。

銀行系カードローンは、消費者金融や信販会社のカードローンと同じ使い方が出来るもので、限度額以内の金額ならば何度でも繰り返し利用する事が出来ますし、高金利になりがちなカードローンを解約して、銀行系カードローンを1枚に絞ると言うのも、計画的な返済に役立つものです。

複数のカードローンを持っていると、どうしても使用してしまい、気がつくと大きな返済額へと膨れ上がる可能性があるので、自分の生活状況に合う銀行系カードローンを所持している方が、完済に向かわせやすいものです。

銀行系カードローンの中でも、おまとめタイプと、より低金利のものへと借り換えが出来るものとがあります。